日産ディーゼル-鹿部出張所」カテゴリーアーカイブ

函館バス 日産ディーゼル SK4457 (KL-UA452KAN)

P1090844 611

2002年に東急バスが導入し、2014年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓の富士ボディを持つノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
左の写真は2015年7月に、左の写真は2017年1月にそれぞれ函館駅前にて撮影。
〈参考までに:東急バス時代の車番→I306〉

函館バス 日産ディーゼル SK4456 (KL-UA452KAN改)

2002年に東急バスが導入し、2014年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓の富士ボディを持つノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
導入された当初はLED化されておらず、側面方向幕は小型タイプを採用していた。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるものを採用している。
2014年12月に函館駅前にて撮影。
〈参考までに:東急バス時代の車番→I305〉

〈参考までに:方向幕時代の写真〉
p1090042 p1090043

函館バス 日産ディーゼル SK4449 (KC-RA531RBM)

P1110332 P1110333

1999年に東京空港交通が導入し、2010年くらいに函館バスが導入した。
スイングドア・黒枠引き違い窓のスペースアローで定員は60人。
軸距6.18メートルの大型エアサス車である。
側面方向幕はサボを採用している。
長距離路線専用のマーキュリーカラーである。
2016年2月に函館駅前にて撮影。

函館バス 日産ディーゼル SK4425 (U-UA440HSN)

P1060875 P1060876

1995年に東急バスが導入し、2007年くらいに函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠2段窓の富士ボディを持つツーステップバスで
軸距4.72メートルの短尺大型リーフサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
2014年12月に函館駅前にて撮影。
既に廃車となってしまった。