移籍車両(京急バス)」カテゴリーアーカイブ

函館バス いすゞ T1179 (PJ-LV234L1)

2005年に京浜急行バスが導入し、2020年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、その表示器は戸袋の前に設置されている。
左の写真は2020年7月に、右の写真は同年6月にそれぞれ函館駅前にて撮影。

函館バス 日野 S2351 (PK-HR7JPAE)

2006年に京浜急行バスが導入し、2020年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓・サッシレスのレインボーHRノンステップバスで
軸距5.58メートルの中型長尺エアサス車である。
2020年6月に函館駅前にて撮影。
函館バス史上初の中型ロング車の導入となった。
〈参考までに:京浜急行バス時代の車番→ Y3672〉
(※中型ロング車とは⇒大型車の全長と中型車の車幅を組み合わせた車両のこと)

函館バス いすゞ T1176 (PJ-LV234L1)

2006年に京浜急行バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、その表示器は戸袋の前に設置されている。
2019年12月に函館駅前にて撮影。
ペットの旅立ち の広告バスとなっている。

函館バス いすゞ S1175 (PJ-LV234L1)

2006年に京浜急行バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、その表示器は戸袋の前に設置されている。
2019年9月に函館駅前にて撮影。
北海道警察 の広告バスとなっていて、本来3台在籍していたが、そのうち
昭和営業所に所属する車両(S310)を更新する形となっている。
なお、函館と日吉に所属している車両(H303T309)はそのまま廃車となった。

函館バス 日野 E2348 (KL-RU4FSEA)

2005年くらいに京急バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
スイングドア・黒枠T字型窓(後1枚固定)のセレガFDで
軸距6.2メートルの大型エアサス車である。
この車両はトイレ付きとなっていて、他にもう3台(E2343K3612T3624)存在する。
高速道路を走行しない路線でのトイレ付きバス投入は珍しいことである。
左の写真は2020年7月に、右の写真は2019年3月にそれぞれ函館駅前にて撮影。
長距離路線用のマーキュリーカラーである。

函館バス 三菱ふそう SK3613 (KL-MS86MP)

2003年に京浜急行バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前折戸・黒枠T字型窓(後1枚固定窓)のエアロバスハイデッカーで
軸距6.15メートルの大型エアサス車である。
2019年9月に函館駅前にて撮影。
長距離路線専用のマーキュリーカラーである。

函館バス いすゞ T1166 (KL-LV280N1)

2004年に京浜急行バスが導入し、2018年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガノンステップバスで
軸距5.3メートルの中尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、その表示器は戸袋の前に設置されている。
最初は松前出張所の所属であったが、2019年に函館営業所の所属に変わった。
左の写真は2020年6月に、右の写真は2019年9月に函館駅前にてそれぞれ撮影。
京急時代には、羽田空港内無料連絡バスとして使用されていたこともあり、ロングシートを採用している。
※函館バス唯一のV8エンジンを搭載した車両となる。

〈参考までに:京浜急行バス時代の車番→ NH2459〉

函館バス いすゞ M1164 (KL-LV781R2)

2004年に京浜急行バスが導入し、2017年に函館バスが導入した。
スイングドア・黒枠T字型窓(前後1枚固定)のガーラⅠハイデッカーで
軸距6.15メートルの大型エアサス車である。
2019年5月に函館駅前にて撮影。
長距離路線用のマーキュリーカラーである。
〈参考までに:京浜急行バス時代の車番→ K2402〉

函館バス いすゞ H1172 (PJ-LV234L1)

2006年に京浜急行バスが導入し、2018年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガワンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は5カ所表示できるようになっている。
また、その表示器は戸袋の前に設置されている。
左の写真は2019年12月に、右の写真は2020年7月にそれぞれ函館駅前にて撮影。
〈参考までに:京浜急行バス時代の車番→ A1613〉

函館バス いすゞ T1170 (PJ-LV234L1)

2005年に京浜急行バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、その表示器は戸袋の前に設置されている。
左の写真は2019年12月に、右の写真は同年9月に函館駅前にてそれぞれ撮影。
函館バスにおける、平成最後の車両導入となった。
〈参考までに:京浜急行バス時代の車番→ M1558〉