日吉営業所」カテゴリーアーカイブ

函館バス 日産ディーゼル H4474 (ADG-RA273KAN)

2005年に東急バスが導入し、2020年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のスペースランナーRAワンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は前扉の横に設置されている。
2020年6月に函館駅前にて撮影。

函館バス 日野 H2349 (PJ-KV234L1)

2005年に東急バスが導入し、2020年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のブルーリボンⅡワンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっているだけでなく、
前扉の横に設置されている。
2020年6月に函館駅前にて撮影。
〈参考までに:東急バス時代の車番→ NJ633〉

函館バス 日野 H240 (U-HU2MLAA)


(左の写真は函館交通写真館様より提供させていただきました。撮影日:2013年3月日吉営業所にて)

1994年に函館市営バスが導入し、市営バス移管に伴い2001年に函館バスへと移籍してきた。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のブルーリボンHUツーステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
側面方向幕は大型タイプを採用している。
右の写真は2012年6月に棒二森屋前付近にて撮影。
メディカルページ の広告バスとなっている。
(※以前は 前側石油 や 北島三郎記念館 の広告バスであった)
2013年に廃車となってしまった。
この車両は、市営バスが移管終了の年まで在籍していた8台
H235・H240・S356・S357・H358・S364・S367・H370)のうちの1台である。
また、市営バス移管時に移籍してきた車両のうち、最後まで在籍していた車両でもある。
〈参考までに:市営バス時代の車番→ 240〉

〈参考までに:北島三郎記念館 の広告バス時代と廃車直後の写真〉
 (※後部から撮影した画像はありません)
2009年5月に学園前にて撮影。

  (※後部から撮影した画像はありません)
2013年9月に日吉営業所にて撮影。

〈おまけ:車内の様子〉
 2013年7月24日3系統(現:62系統)運用時に撮影。

函館バス 三菱ふそう H3619 (KL-MP37JK)

2003年に立川バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中引戸・銀枠逆T字型窓のエアロスターノンステップバスで
軸距が4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は戸袋の前に設置されている。
2020年7月に函館駅前にて撮影。
パチンコパーラーパチパチ の広告バスとなっている。
史上初の立川バスからの移籍車両である。

函館バス いすゞ H1172 (PJ-LV234L1)

2006年に京浜急行バスが導入し、2018年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガワンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は5カ所表示できるようになっている。
また、その表示器は戸袋の前に設置されている。
左の写真は2019年12月に、右の写真は2020年7月にそれぞれ函館駅前にて撮影。
〈参考までに:京浜急行バス時代の車番→ A1613〉

函館バス 三菱ふそう H3532 (KC-BE632E)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1998年に東急トランセが導入し、2007年くらいに函館バスが導入した。
中折戸・黒枠引き違い窓の三菱ローザで
軸距3.49メートルの短尺小型リーフサス車である。
側面表示器はサボを採用している。
最初は昭和営業所の所属であったが、のちに日吉営業所の所属に変わった。
昭和営業所時代には、北斗市市街地南北連絡バス(現:28系統)で使用され、
日吉営業所時代には34系統(当時は 日吉営業所~函館大学前 であり
現在は 81系統 日吉営業所~日吉営業所)で使用されていた。
左の写真は2012年11月に日吉営業所にて、右の写真は2013年1月にラ・サール前にてそれぞれ撮影。
既に廃車となってしまった。

函館バス 三菱ふそう H372 (U-MP618K)

1995年に函館市営バスが導入し、市営バス移管に伴い2001年に函館バスへと移籍してきた。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエアロスターツーステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
側面方向幕は大型タイプを採用している。
以前は、昭和営業所に在籍していた時期もあった。
左の写真は2011年8月に、右の写真は2012年11月に日吉営業所にてそれぞれ撮影。
既に廃車となってしまった。
〈参考までに:市営バス時代の車番→ 122〉

函館バス 三菱ふそう H366 (U-MP618M)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1993年に函館市営バスが導入し、市営バス移管に伴い2001年に函館バスヘと移籍してきた。
前中引戸・銀枠2段窓のエアロスターツーステップバスで
軸距5.3メートルの中尺大型エアサス車である。
側面方向幕は大型タイプを採用している。
この車両は函館山登山バスに対応するために、座席は基本的に2人掛けのものを採用している。
左の写真は2009年9月に日吉営業所にて、右の写真は2009年7月にテーオーパボッツ前
(現:テーオーデパート前)にてそれぞれ撮影。
既に廃車となってしまった。
〈参考までに:市営バス時代の車番→ 116〉

函館バス 三菱ふそう H3504 (U-MP218K)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1990年に東急バスが導入し、2003年くらいに函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠2段窓のエアロスターツーステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
側面方向幕は大型タイプを採用している。
左の写真は2009年5月に日吉営業所にて、右の写真は2011年8月に函館駅前にてそれぞれ撮影。
既に廃車となってしまった。

函館バス 日野 H235 (U-HU2MLAL)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1994年に函館市営バスが導入し、市営バス移管に伴い2003年に函館バスへと移籍してきた。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のブルーリボンHUツーステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
側面方向幕は大型タイプを採用している。
以前は、駅前出張所に在籍していた時期もあった。
左の写真は2009年5月に日吉営業所にて、右の写真は同年9月に日吉町1丁目付近にてそれぞれ撮影。
既に廃車となってしまった。
この車両は、市営バスが移管終了の年まで在籍していた8台
(H235・H240・S356・S357・H358・S364・S367・H370)のうちの1台である。
〈参考までに:市営バス時代の車番→ 235〉