月別アーカイブ: 2014年11月

函館バス 三菱ふそう S3333 (KC-MP717M)

P1090456

1997年に新車で昭和営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターツーステップバスで
軸距5.3メートルの中尺大型エアサス車である。
導入された当時はLED化されておらず、側面方向幕は大型タイプを採用していた。
左の写真は2018年3月に函館駅前にて、右の写真は2015年3月に昭和営業所前にてそれぞれ撮影。
(※以前は ネッツトヨタ函館 の広告バスであった)

〈参考までに: ネッツトヨタ函館 の広告バス時代の写真〉
P1060195

2014年7月に函館駅前にて撮影。

函館バス 三菱ふそう T304 (KL-MP37JM)

P1060496 P1060497

2001年に新車で日吉営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターノンステップバスで
軸距5.3メートルの中尺大型エアサス車である。
側面方向幕は大型タイプを採用していた。
写真では幕式の頃に撮影したものとなっているが、現在はLED化され、かつ経由地が5カ所表示できるものを採用している。
最初は日吉営業所の所属であったが、2018年に函館営業所の所属に変わった。
2014年9月に函館駅前にて撮影。
後部が 工樹園 の広告バスである。
この型式のバス(H301H302H303・T304・H305S306S307S308T309S310S311T3507S3508T3509H3516H3517S3518)は、函館バスでは初のノンステップバスの型式車となる。

函館バス 三菱ふそう S3561 (KC-MP747K)

1997年に東急バスが導入し、2010年くらいに函館バスが導入した。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
導入された当初はLED化されておらず、側面方向幕は小型タイプを採用していた。
2018年2月に函館駅前にて撮影。
この型式のバス(T3560・S3561・T3564T3565・S3566・S3567H3568H3569H3570H3571H3577)は函館バスでは初の導入となるとともに、三菱ふそう初のノンステップバス移籍車でもある。
〈参考までに:東急バス時代の車番→NI1680〉

〈参考までに:方向幕時代の写真〉
P1060521 P1060522

2014年9月に函館駅前にて撮影。

函館バス いすゞ T1145 (U-LV324L)

P1060158 P1060159

1995年に京浜急行バスが導入し、2007年くらいに函館バスが導入した。
前中引戸・銀枠2段窓のIKCボティを持つツーステップバスで
軸距5.0メートルの中尺大型リーフサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
2014年7月に函館駅前にて撮影。
既に廃車となってしまった。

函館バス いすゞ H1142 (PA-LR234J1)

2007年に新車で日吉営業所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓・サッシレスのエルガミオノンステップバスで
軸距4.4メートルの中型エアサス車である。
2019年3月に市立函館病院前にて撮影。
いすゞ自動車 の広告バスとなっている。
(※以前は いすゞ自動車 における別のデザインの広告バスであった)

〈参考までに:いすゞ自動車 における旧デザインの広告バス時代の写真〉
P1060160 P1060161

2014年7月に函館駅前にて撮影。

函館バス 日野 T2225 (KC-HU2MMCA)

P1060517 P1060518

1996年に新車で函館営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠2段窓のブルーリボンHUツーステップバスで
軸距5.2メートルの中尺大型エアサス車である。
側面方向幕は大型タイプを採用している。
2014年9月に函館駅前にて撮影。
後部が 宅建協会函館支部 の広告バスとなっている。
既に廃車となってしまった。