移籍車両(東急バス)」カテゴリーアーカイブ

函館バス 日産ディーゼル M4467 (KL-UA452KAN改)

2004年に東急バスが導入し、2017年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓の西日本車体工業ボディを持つノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっているだけでなく、前扉の横にある。
2019年9月に木古内駅前にて撮影。

函館バス 日産ディーゼル S4470 (KL-UA452KAN改)

2004年に東急バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓の西日本車体工業ボディをもつノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっているだけでなく、前扉の横にある。
2019年9月に函館駅前にて撮影。

函館バス 日野 T2345 (KL-HU2PREA)

2006年に東急バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中4枚折戸・黒枠逆T字型窓のブルーリボンシティワンステップバスで
軸距5.915メートルの長尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっているだけでなく、前扉の横にある。
この車両の後部側は、ベンチシートを採用している。
2019年9月に函館駅前にて撮影。
〈参考までに:東急バス時代の車番→ AO636〉

函館バス 日野 T2342 (KL-HU2PREA)

2006年に東急バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中4枚折戸・黒枠逆T字型窓のブルーリボンシティワンステップバスで
軸距5.915メートルの長尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっているだけでなく、前扉の横にある。
2019年5月に函館駅前にて撮影。
この車両はサイクリングバス専用車両となっていて、東急バス時代で使用されていた後部側のベンチシートを撤去し、そこを自転車置き場としている。
また、前面にサイクリングバス専用車両を示すステッカーが貼られている。
〈参考までに:東急バス時代の車番→ AO634〉

函館バス 三菱ふそう S3607 (KL-MP35JM改)

2003年に東急バスが導入し、2017年に函館バスが導入した。
前中4枚折戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターワンステップバスで
軸距6.0メートルの長尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、この車両の後部側はベンチシートを採用している。
2019年5月に函館駅前にて撮影。
後部が 美原腎泌尿器科 の広告バスとなっていて、同じ広告バスがもう1台(S2291)存在する。
函館バスの移籍車において、4枚折戸のタイプが移籍してきたのは十数年ぶりのことである。
〈参考までに:東急バス時代の車番→ NJ493〉

函館バス 三菱ふそう E3574 (KC-MJ218F)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1998年に東急バスが導入し、2011年くらいに函館バスが導入した。
前中折戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロミディMJワンステップバスで
軸距3.51メートルの7m尺中型エアサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
最初は日吉営業所の所属であったが、2015年くらいに江差営業所の所属に変わった。
また所属が変わる際に、側面方向幕が大型タイプから小型タイプへと変更された。
日吉営業所時代には、主に34系統(当時は 日吉営業所~函館大学前 であり、現在は 日吉営業所~日吉営業所 である)で使用されていた。
2013年4月にフレスポ戸倉前にて撮影。
既に廃車となってしまった。
〈参考までに:東急バス時代の車番→S1790〉

函館バス 日野 S2280 (U-HT2MLAA)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1995年に東急バスが導入し、2008年くらいに函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠2段窓のブルーリボンHTツーステップバスで
軸距4.8メートルの短尺小型リーフサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
左の写真は2011年8月に高龍寺前付近にて、右の写真は2013年4月に昭和営業所にてそれぞれ撮影。
後部が 宅建協会函館支部 の広告バスとなっている。
既に廃車となってしまった。
〈参考までに:東急バス時代の車番→H1437〉

函館バス 三菱ふそう H3532 (KC-BE632E)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1998年に東急トランセが導入し、2007年くらいに函館バスが導入した。
中折戸・黒枠引き違い窓の三菱ローザで
軸距3.49メートルの短尺小型リーフサス車である。
側面表示器はサボを採用している。
最初は昭和営業所の所属であったが、後に日吉営業所の所属に変わった。
昭和営業所時代には、北斗市市街地南北連絡バス(現:新函館北斗駅・上磯線)で使用され、日吉営業所時代には34系統(当時は 日吉営業所~函館大学前 であり現在は 日吉営業所~日吉営業所 である)で使用されていた。
2012年11月に日吉営業所にて撮影。
既に廃車となってしまった。

函館バス 三菱ふそう S3526 (U-MP218K)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1994年に東急バスが導入し、2006年くらいに函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠2段窓のエアロスターツーステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型リーフサス車である。
側面方向幕は大型タイプを採用している。
2012年10月に市民会館前(現:函館アリーナ前)にて撮影。
既に廃車となってしまった。
〈参考までに:東急バス時代の車番→M1388〉

函館バス 日野 S2287 (U-RJ3HJAA)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1995年に東急バスが導入し、2008年くらいに函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠2段窓のレインボーRJツーステップバスで
軸距4.49メートルの中型リーフサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
2009年9月に市民会館前(現:函館アリーナ前)にて撮影。
既に廃車となってしまった。
〈参考までに:東急バス時代の車番→TA1447〉