月別アーカイブ: 2020年1月

函館バス 日野 K2282 (U-HT2MLAA)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1995年に東急バスが導入し、2008年くらいに函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠2段窓のブルーリボンHTツーステップバスで
軸距4.8メートルの短尺小型リーフサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
2014年4月に函館日野自動車工場にて撮影。
既に廃車となってしまった。

この車両の座席は、東急バス時代で使用していたものからハイバックシートに交換されている。

函館バス 三菱ふそう E3287 (U-MS815S)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1993年に新車で江差営業所に導入された車両。
前折戸・黒枠引き違い窓のエアロバススタンダードデッカーで定員は60人。
軸距6.5メートルの大型エアサス車である。
側面方向幕はサボを採用している。
2011年8月に函館駅前にて撮影。
既に廃車となってしまった。

長距離路線用のマーキュリーカラーである。

函館バス いすゞ SK1008 (KK-LR233J1改)

 (※後部から撮影した画像はありません)

2002年に新車で江差営業所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガミオノンステップバスで
軸距4.4メートルの中型エアサス車である。
側面方向幕は大型タイプを採用している。
最初は江差営業所の所属であったが、後に鹿部出張所の所属に変わった。
2011年8月に函館駅前にて撮影。
既に廃車となってしまった。

長距離路線用のマーキュリーカラーである。

この型式のバス(S116T117T1001T1002・SK1008・T1009)は
函館バスとしては初のノンステップバスであるとともに、いすゞ自体も函館バスとしては初の導入となった。