函館営業所」カテゴリーアーカイブ

函館バス 日産ディーゼル T4477 (PKG-RA274KAN)

2006年に東急バスが導入し、2020年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のスペースランナーRAノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
2020年7月に函館駅前にて撮影。

この車両における側面のLED表示器は前扉の横に設置されている。
またグリーンガラスを採用している。

函館バス 日産ディーゼル T4476 (PKG-RA274KAN)

2006年に東急バスが導入し、2020年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のスペースランナーRAノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
2020年7月に函館駅前にて撮影。

この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっているだけでなく、
前扉の横に設置されている。
またグリーンガラスを採用している。

函館バス 日野 T2347 (BDG-HX6JHAE)

2007年に東急バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
スイングドア・黒枠逆T字型窓の日野ポンチョショートノンステップバスで
軸距4.125メートルの中型エアサス車である。
2020年6月に昭和営業所にて撮影。

※東急バス時代はハチ公バスとして活躍していた。

函館バス 三菱ふそう T3624 (KL-MS86MP)

2003年くらいに東京空港交通が導入し、2020年に函館バスが導入した。
スイングドア・黒枠T字型窓(後1枚固定窓)のエアロバスハイデッカーで
軸距6.15メートルの大型エアサス車である。
2020年6月に函館駅前にて撮影。

長距離路線用のマーキュリーカラーである。
この車両はトイレ付きとなっていて、他にも3台(E2343E2348K3612)存在する。
高速道路を走行しない路線でのトイレ付きバス投入は珍しいことである。
またグリーンガラスを採用している。

函館バス いすゞ T1179 (PJ-LV234L1)

2005年に京浜急行バスが導入し、2020年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
左の写真は2020年7月に、右の写真は同年6月に函館駅前にてそれぞれ撮影。

この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、その表示器は戸袋の前に設置されている。

函館バス いすゞ T117 (KK-LR233J1改)

2003年に新車で日吉営業所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓・サッシレスのエルガミオノンステップバスで
軸距4.4メートルの中型エアサス車である。
最初は日吉営業所の所属であったが、のちに昭和営業所の所属に変わり、
2020年に函館営業所へと所属が変わった。
2020年6月に函館駅前にて撮影。
後部が ライズジャパン の広告バスとなっている。
(※以前は後部が 函館バス商会 の広告バスであった)

この型式のバス(S116・T117・T1001T1002SK1008T1009)は
函館バスとしては初のノンステップであるとともに、いすゞ自体も函館バスとしては初の導入となった。

函館バス 三菱ふそう T3618 (KL-MP37JK)

2002年に立川バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中引戸・銀枠逆T字型窓のエアロスターノンステップバスで
軸距が4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
2020年6月に函館駅前にて撮影。
函館マツダ の広告バスとなっていて、デザインは異なるがもう2台(H1157S1159)存在する。

この車両における側面のLED表示器は戸袋の前に設置されている。
また、史上初めてとなる立川バスからの移籍車両である。
〈参考までに:立川バス時代の車番→ J928〉

函館バス 日野 T2323 (SDG-KR290J1)

2015年に新車で函館営業所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓・サッシレスのレインボーⅡノンステップバスで
軸距4.4メートルの中型エアサス車である。
2020年2月に函館駅前にて撮影。
元町・ベイエリア周遊号 で使用され、それ専用の塗装が他にも2台(T2315T3601)存在している。

函館バス いすゞ T1177 (KL-LV280L1改)

2005年に千葉中央バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
左の写真は2020年9月に、右の写真は同年2月にそれぞれ函館駅前にて撮影。
側面が 松田聡事務所 で後部が フレンズモーター の広告バスとなっている。
後部が フレンズモーター においては、もう1台同じ広告車両(S3508)が存在している。

この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、千葉中央バスからは久方ぶりの移籍車両となった。

函館バス いすゞ T1176 (PJ-LV234L1)

2006年に京浜急行バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
2019年12月に函館駅前にて撮影。
ペットの旅立ち の広告バスとなっている。

この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、その表示器は戸袋の前に設置されている。