日産ディーゼル-知内出張所」カテゴリーアーカイブ

函館バス 日産ディーゼル SR4430 (U-UA440HSN)

p1110391 p1110392

1995年に東急バスが導入し、2007年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠2段窓の富士ボディをもつツーステップバスで
軸距4.72メートルの短尺大型リーフサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
最初は昭和営業所の所属であったが、2018年に知内出張所の所属に変わった。
その際にLED化され、側面LED表示器が前扉の横に移設された。
2016年2月に函館駅前にて撮影。
2019年に廃車となってしまった。

函館バス 日産ディーゼル SR4451 (KC-UA460HAN改)

2000年に東急バスが導入し、2013年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓の西日本車体工業ボディを持つノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
最初は昭和営業所の所属であったが、2017年に江差営業所の所属となり、
2020年より知内出張所の所属と変わった。
2019年9月に木古内駅前にて撮影。
2020年に廃車となってしまった。

この型式(S4450・SR4451・H4452)は函館バスでは初の導入となるとともに、
日産ディーゼル初のノンステップバス移籍車でもある。
また、この型式の車両は、東急バスのほかに
横浜市交通局と尼崎市交通局にしか導入されていない珍車である。

〈参考までに:東急バス時代の車番→ I1901〉

〈おまけ:昭和営業所の所属であった頃の写真〉
P1090879 P1090771

2015年7月に函館駅前にて撮影。

函館バス 日産ディーゼル SR4455 (KL-UA452KAN)

P1090855 P1090856

2001年に東急バスが導入し、2014年に函館バスが導入した。
前中引戸・逆T字型窓の富士ボディを持つノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
導入された当初はLED化されておらず、側面方向幕は大型タイプを採用していた。
最初は函館営業所の所属であったが、2016年に知内出張所の所属に変わった。
2015年7月に函館駅前にて撮影。
既に廃車となってしまった。

〈参考までに:東急バス時代の車番→ NI209〉

〈おまけ:方向幕時代の写真〉

2014年12月に函館駅前にて撮影。