月別アーカイブ: 2018年12月

函館バス 日産ディーゼル T4468 (KL-UA452KAN改)

2004年に東急バスが導入し、2018年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓の西日本車体工業ボディをもつノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっているだけでなく、
前扉の横に設置されている。
2020年6月に函館駅前にて撮影。
側面が セコム で後部が ウィンエンドレス の広告バスとなっている。
※側面が セコム の広告バスにおいて、同じ色の広告バスが1台(S3558)と
色違いの広告バスが1台(S4470)存在する。
また後部が ウィンエンドレス の広告バスにおいても、色違いのバスが1台(T3600)存在する。

函館バス いすゞ S1168 (PJ-LV234L1)

2005年に京浜急行バスが導入し、2018年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、その表示器は戸袋の前に設置されている。
左の写真は2019年12月に、右の写真は2018年12月にそれぞれ函館駅前にて撮影。
後部が FMいるか の広告バスとなっていて、同じ広告バスがもう1台(S3519)存在する。
〈参考までに:京浜急行バス時代の車番→ M1556〉

函館バス 日産ディーゼル T4469 (KL-UA452KAN改)

2004年に東急バスが導入し、2018年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓の西日本車体工業ボディをもつノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっているだけでなく
前扉の横に設置されている。
左の写真は2019年3月に花園町にて、右の写真は2018年12月に函館駅前にてそれぞれ撮影。
後部が 函館記念病院 の広告バスとなっている。
(※現在は側面が セコム の広告となっており、同じ広告バスがもう1台〈S4470〉が存在する)

函館バス 三菱ふそう H3570 (KC-MP747K)

1997年に東急バスが導入し、2010年くらいに函館バスが導入した。
前中折戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
導入された当初はLED化されておらず、側面方向幕は大型タイプを採用していた。
2018年12月に函館駅前にて撮影。
後部が クロダリサイクル の広告バスとなっており、同じ広告バスがもう1台(T3596)存在する。
この型式のバス(T3560S3561T3564T3565・S3566・S3567H3568H3569・H3570・H3571H3577)は函館バスでは初の導入となるとともに、三菱ふそう初のノンステップバス移籍車でもある。
〈参考までに:東急バス時代の車番→ A1779〉

函館バス いすゞ SR1173 (PJ-LV234L1)

2006年に京浜急行バスが導入し、2018年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガワンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、その表示器は戸袋の前に設置されている。
2018年12月に函館駅前にて撮影。
2019年に早くも廃車となってしまった。
〈参考までに:京浜急行バス時代の車番→ B1619〉