自社導入」カテゴリーアーカイブ

函館バス 日産ディーゼル S4413 (KL-UA452MAN改)

2004年に新車で日吉営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓の西日本車体工業ボディを持つノンステップバスで
軸距5.3メートルの中尺大型エアサス車である。
最初は日吉営業所の所属であったが、のちに昭和営業所の所属へと変わった。
2020年7月に函館駅前にてそれぞれ撮影。
この車両は函館バスが所有する自社発注におけるノンステップバスとしては
珍しいことに運転席の後ろに席が設けられている。
(※運転席の後ろに席が設けられている自社発注のノンステップバスの車両は
T3507S3508T3509H4412・S4413の合わせて5台しかない)

函館バス 三菱ふそう SR3623 (2KG-MP38FM)

2019年に新車で知内出張所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターノンステップバスで
軸距5.55メートルの中尺大型エアサス車である。
2020年6月に函館駅前にて撮影。
2016年度からの新車は、ベビーカーマークがつけられている。
このモデルは6速AT車で、車内にはコンセントが設置されている。
また2019年度の新車も昨年度と同様に、側面表示器は戸袋に設置されている。

函館バス いすゞ T117 (KK-LR233J1改)

2003年に新車で日吉営業所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓・サッシレスのエルガミオノンステップバスで
軸距4.4メートルの中型エアサス車である。
最初は日吉営業所の所属であったが、のちに昭和営業所の所属に変わり、
2020年に函館営業所へと所属が変わった。
2020年6月に函館駅前にて撮影。
後部が ライズジャパン の広告バスとなっている。
(※以前は後部が 函館バス商会 の広告バスであった)
この型式のバス(S116・T117・T1001T1002SK1008T1009)は
函館バスとしては初のノンステップであるとともに、いすゞ自体も函館バスとしては初の導入となった。

函館バス 日野 T2323 (SDG-KR290J1)

2015年に新車で函館営業所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓・サッシレスのレインボーⅡノンステップバスで
軸距4.4メートルの中型エアサス車である。
2020年2月に函館駅前にて撮影。
元町・ベイエリア周遊号 で使用され、それ専用の塗装が他にも2台(T2315T3601)存在する。

函館バス 三菱ふそう M3622 (2KG-MP38FM)

2019年に新車で松前出張所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターノンステップバスで
軸距5.55メートルの中尺大型エアサス車である。
2020年2月に函館駅前にて撮影。
後部が LPガス の広告バスとなっている。
2016年度からの新車は、ベビーカーマークがつけられている。
このモデルは6速AT車で、車内にはコンセントが設置されている。
また2019年度の新車も昨年度と同様に、側面表示器は戸袋に設置されている。

函館バス 三菱ふそう E3287 (U-MS815S)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1993年に新車で江差営業所に導入された車両。
前折戸・黒枠引き違い窓のエアロバススタンダードデッカーで定員は60人。
軸距6.5メートルの大型エアサス車である。
側面方向幕はサボを採用している。
2011年8月に函館駅前にて撮影。
長距離路線用のマーキュリーカラーである。
既に廃車となってしまった。

函館バス いすゞ SK1008 (KK-LR233J1改)

 (※後部から撮影した画像はありません)

2002年に新車で江差営業所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエルガミオノンステップバスで
軸距4.4メートルの中型エアサス車である。
最初は江差営業所の所属であったが、後に鹿部出張所の所属に変わった。
2011年8月に函館駅前にて撮影。
長距離路線用のマーキュリーカラーである。
既に廃車となってしまった。
この型式のバス(S116T117T1001T1002・SK1008・T1009)は
函館バスとしては初のノンステップバスであるとともに、いすゞ自体も函館バスとしては初の導入となった。

函館バス 三菱ふそう M3621 (2KG-MP38FM)

2019年に新車で松前出張所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターノンステップバスで
軸距5.55メートルの中尺大型エアサス車である。
2019年12月に函館駅前にて撮影。
後部が コスモ保険サービス の広告バスとなっている。
2016年度からの新車は、ベビーカーマークがつけられている。
このモデルは6速AT車で、車内にはコンセントが設置されている。
また2019年度の新車も昨年度と同様に、側面表示器は戸袋に設置されている。

函館バス 三菱ふそう K3365 (KC-MS815S)

2000年に新車で北桧山出張所に導入された車両。
前折戸・黒枠T字型窓のエアロバススタンダードデッカーで定員は60人。
軸距6.5メートルの大型エアサス車である。
側面方向幕はサボを採用している。
2015年1月に函館駅前にて撮影。
長距離路線用のマーキュリーカラーである。

函館バス 日野 T2252 (KL-HU2PMEA)

2002年に新車で函館営業所に新車で導入された車両。
前中引戸・逆T字型窓・サッシレスのブルーリボンシティワンステップバスで
軸距5.2メートルの中尺大型エアサス車である。
2015年1月に函館駅前にて撮影。
長距離路線用のマーキュリーカラーである。
後部が LPガス の広告バスとなっている。
既に廃車となってしまった。