~函館バスの歴史・概要~

 1944年6月1日に、戦時下の事業者統合で道南自動車など14社が統合し、函館乗合自動車株式会社として創業。1951年7月3日に今の函館バスに改称した。1957年10月に東急グループに入り(のち2004年4月に脱退)路線網を構築していく。しかし、1980年以降はマイカーの普及にともない輸送人員が減少していき、現在は特に郡部でその傾向は顕著である。その一方で、函館市交通局(いわゆる函館市営バス)がバスを移管する計画にともない、2001年4月~2003年4月までに市営バス全路線の移管を受け、函館地区ならびに道南全域を受け持つ企業となった。
乗合バスは、函館市を中心に北は長万部から南は松前まで渡島半島全域(ただし奥尻島を除く)を走っている。なお函館バスは市内に3つの営業所(函館・昭和・日吉)と郊外に1つの営業所(江差)、5つの出張所(北桧山・鹿部・知内・松前・森)があり、函館営業所は鹿部・知内・松前を、江差営業所は北桧山を、鹿部出張所は森をそれぞれ管理している(かつて、森は案内所扱いであったが、2019年6月より森出張所として生まれ変わった)。また、2014年に創立70周年を迎え、2017年3月25日からは交通系ICカード(名称:イカすニモカ)でも乗車できるようになり、函館バス233台がそれに対応している。さらに、2019年4月1日より函館市営バス移管以降、複雑であった系統番号を再編し、郊外路線全てにも系統番号を割り振るなど、観光客にもよりわかりやすいものとなった。
2020年4月1日よりバスカード(名称:イカすカード)が使用不可となった。
全国における、ノンステップバス導入率が高い事業者で全国17位(※平成30年時点)となり、今後もより一層のサービス向上を目指していく。
Unicode