月別アーカイブ: 2016年11月

函館バス 日野 M2262 (KL-HU2PMEA)

p1110256 p1110257

2004年に新車で松前出張所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓・サッシレスのブルーリボンシティワンステップバスで
軸距5.2メートルの中尺大型エアサス車である。
長距離路線専用のマーキュリーカラーである。
2016年1月に函館駅前にて撮影。
後部が LPガス の広告バスとなっている。

函館バス いすゞ SK1151 (PDG-LR234J2)

p1110239 609

2009年に新車で日吉営業所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓・サッシレスのエルガミオノンステップバスで
軸距4.4メートルの中型エアサス車である。
最初は日吉営業所の所属であったが、2014年くらいに鹿部出張所の所属に変わった。
左の写真は2016年1月に、右の写真は2017年1月に函館駅前にてそれぞれ撮影。
後部が 道の駅しかべ間歇泉公園 の広告バスとなっている。

函館バス 三菱ふそう T3557 (PDG-AR820GAN)

p1110207

2009年に新車で函館営業所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエアロミディSノンステップバスで
軸距4.3メートルの中型エアサス車である。
左の写真は2016年1月に、右の写真は2018年12月に函館駅前にてそれぞれ撮影。
後部が 函館三菱ふそう自動車販売株式会社 の広告バスとなっている。
(※以前は 函館三菱ふそう自動車販売株式会社 における別のデザインの広告バスであった)

〈参考までに:函館三菱ふそう の旧デザインの広告バス時代の写真〉
p1110208

2016年1月に函館駅前にて撮影。

函館バス 三菱ふそう T3590 (TKG-MK27FH)

p1110423

2013年に新車で函館営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロミディMKノンステップバスで
軸距4.34メートルの中型エアサス車である。
左の写真は2016年2月に、右の写真は2018年6月に函館駅前にてそれぞれ撮影。
後部が ERA LIXIL不動産ショップ の広告バスとなっていて、同じバスが3台(S3558T3587T3589)存在する。
(※以前は後部が ERA LIXIL不動産ショップ における別のデザインの広告バスであった)

〈参考までに:ERA JAPAN の広告バス時代の写真〉
p1110424

2016年2月に函館駅前にて撮影。

函館バス 三菱ふそう T3288 (U-MS815S)

p1110419 p1110420

1993年に新車で函館営業所に導入された車両。
前折戸・黒枠引き違い窓のエアロバススタンダードデッカーで定員は60人。
軸距6.5メートルの大型エアサス車である。
側面方向幕はサボを採用している。
長距離路線専用のマーキュリーカラーである。
2016年2月に函館駅前にて撮影。
既に廃車となってしまった。

函館バス 日産ディーゼル SR4430 (U-UA440HSN)

p1110391 p1110392

1995年に東急バスが導入し、2007年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠2段窓の富士ボディをもつツーステップバスで
軸距4.72メートルの短尺大型リーフサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
最初は昭和営業所の所属であったが、2018年に知内出張所の所属に変わった。
その際にLED化され、側面方向幕も前扉の横へと移設された。
2016年2月に函館駅前にて撮影。

函館バス 三菱ふそう H302 (KL-MP37JM)

2001年に新車で日吉営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターノンステップバスで
軸距5.3メートルの中尺大型エアサス車である。
導入された当初はLED化されておらず、側面方向幕は大型タイプを採用していた。
また、この車両に搭載されているLED表示器は、経由地が5カ所表示できるものを採用している。
2018年2月に函館駅前にて撮影。
後部が クロダリサイクル の広告バスとなっている。
(※以前は クロダリサイクル における別のデザインの広告バスであった)
既に廃車となってしまった。
この型式のバス(H301・H302・H303T304H305S306S307S308T309S310S311T3507S3508T3509H3516H3517S3518)は、函館バスでは初のノンステップバスの型式車となる。

〈おまけ:方向幕時代かつ後部が クロダリサイクル 旧デザインの広告バス時代の写真〉
p1110369 p1110370

2016年2月に函館駅前にて撮影。

函館バス 三菱ふそう S311 (KL-MP37JM)

2003年に新車で昭和営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターノンステップバスで
軸距5.3メートルの中尺大型エアサス車である。
2018年6月に函館駅前にて撮影。
側面が 函館大谷短期大学 の広告バスとなっていて、同じ広告バスがもう1台(H2299)存在する。
(※以前は後部が テムズ株式会社 の広告バスであった)
この型式のバス(H301H302H303H304H305S306・S307・S308T309S310・S311・T3507S3508T3509H3516H3517S3518)は、函館バスでは初のノンステップバスの型式車となる。

〈参考までに:後部が テムズ株式会社 の広告バス時代の写真〉

2015年8月に函館駅前にて撮影。

函館バス 三菱ふそう S3559 (PDG-AR820GAN)

2009年に新車で昭和営業所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエアロミディSノンステップバスで
軸距4.3メートルの中型エアサス車である。
左の写真は2018年6月に、右の写真は同年3月にそれぞれ函館駅前にて撮影。
後部が mini mini(ミニミニ) の広告バスとなっていて、同じ広告バスがもう1台(T2322)存在する。
(※以前は側面が みちのく銀行 で後部が ERA LIXIL不動産ショップ の広告バスであった)

〈参考までに:側面が みちのく銀行 で後部が ERA LIXIL不動産ショップ の広告バス時代の写真〉
 2018年3月に函館駅前にて撮影。

p1110309 2016年2月に函館駅前にて撮影。

函館バス いすゞ S1143 (PA-LR234J1)

p1110506 p1110507

2007年に新車で日吉営業所に導入された車両。
前中引戸・黒枠逆T字型窓・サッシレスのエルガミオノンステップバスで
軸距4.4メートルの中型エアサス車である。
最初は日吉営業所の所属であったが、2009年くらいに昭和営業所の所属に変わった。
2016年3月に函館駅前にて撮影。
函館タナベ食品 の広告バスとなっている。