函館バス 三菱ふそう S311 (KL-MP37JM)

2003年に新車で昭和営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターノンステップバスで
軸距5.3メートルの中尺大型エアサス車である。
2018年6月に函館駅前にて撮影。
側面が 函館大谷短期大学 の広告バスとなっていて、同じ広告バスがもう1台(H2299)存在する。
(※以前は後部が テムズ株式会社 の広告バスであった)
この型式のバス(H301H302H303H304H305S306・S307・S308T309S310・S311・T3507S3508T3509H3516H3517S3518)は、函館バスでは初のノンステップバスの型式車となる。

〈参考までに:後部が テムズ株式会社 の広告バス時代の写真〉

2015年8月に函館駅前にて撮影。

2 thoughts on “函館バス 三菱ふそう S311 (KL-MP37JM)

  1. 佐藤雅樹

    かなり長い期間、大谷のラッピングですが、そろそろ見飽きたので、変えていただきたい。後ろは、現車の状態に戻って、見やすくなったのに。

    返信
  2. 佐藤雅樹

    函館バスの中で、一番最後の三桁車両だから、長く活躍していただきたいと思います。他の車両は、すべて、廃車になってしまったので、頑張って欲しい。ゆういつ残る車両だよ。昭和の310も今年いっぱいで、終了だから、見れるきかいが無くなるかも、僕の好きな車両も、ほぼ無い状態ださ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です