三菱ふそう-昭和営業所」カテゴリーアーカイブ

函館バス 三菱ふそう S3566 (KC-MP747K)

1997年に東急バスが導入し、2011年くらいに函館バスが導入した。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
導入された当初はLED化されておらず、側面方向幕は小型タイプを採用していた。
2018年2月に函館駅前にて撮影。
後部が セントリコン の広告バスとなっている。
※セントリコン の広告バスはもう1台(H1158)存在する。
この型式のバス(T3560S3561T3564T3565・S3566・S3567H3568H3569H3570H3571H3577)は函館バスでは初の導入となるとともに、三菱ふそう初のノンステップバス移籍車でもある。
〈参考までに:東急バス時代の車番→ M1691〉

函館バス 三菱ふそう S3578 (KK-MK23HF改)

1999年に東急バスが導入し、2012年に函館バスが導入した。
前中折戸・黒枠逆T字型窓のエアロミディMKツーステップバスで
軸距3.77メートルの短尺中型エアサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
2020年5月に新函館北斗駅付近にて撮影。
※この車両は、28系統(上磯線)で使用されている。
〈参考までに:東急バス時代の車番→ S7019〉

函館バス 三菱ふそう S3617 (KL-MP37JK)

2002年に立川バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓のエアロスターノンステップバスで
軸距が4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は戸袋の前に設置されている。
2019年12月に函館駅前にて撮影。
史上初の立川バスからの移籍車両である。
〈参考までに:立川バス時代の車番→ F927〉

函館バス 三菱ふそう S3620 (PJ-MP35JK)

2005年に東急バスが導入し、2019年に函館バスが導入した。
前中引戸・銀枠逆T字型窓のエアロスターワンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
このバスにおける側面のLED表示器は前扉の横に設置されている。
2019年12月に函館駅前にて撮影。
〈参考までに:東急バス時代の車番→TA694〉

函館バス 三菱ふそう S3539 (U-MP218K)

1995年に東急バスが導入し、2007年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠2段窓のエアロスターツーステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
このバスは、主に陣川あさひ町会Jバス(現在の69系統)で使用されている。
2014年3月に昭和営業所にて撮影。
既に廃車となってしまった。
〈参考までに:東急バス時代の車番→ TA1479〉

函館バス 三菱ふそう S3527 (U-MP218K)

(※後部から撮影した画像はありません)

1994年に東急バスが導入し、2006年くらいに函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠2段窓のエアロスターツーステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型リーフサス車である。
導入された当初はLED化されておらず、側面方向幕は小型タイプを採用していた。
2013年6月に花園町付近にて撮影。
既に廃車となってしまった。
〈参考までに:東急バス時代の車番→ M1390〉

函館バス 三菱ふそう S3521 (PA-MK27FH)

2006年に新車で昭和営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロミディMKノンステップバスで
軸距4.26メートルの中型エアサス車である。
左の写真は2020年7月に、右の写真は2019年5月にそれぞれ函館駅前にて撮影。
側面が むとう日吉ヶ丘クリニック で、後部が 宅建協会函館支部 の広告バスとなっている。
むとう日吉ヶ丘クリニックの広告バスはもう1台(H2300)存在する。
また 宅建協会函館支部 の広告バスは、同じ色のバスが1台(S2298)と
色違いのバスが2台(S2297H2299)存在する。
(※以前は後部が NCV の広告バスであった)

〈参考までに:後部が NCV の広告バス時代の写真〉
P1060165    2014年7月に函館駅前にて撮影。

函館バス 三菱ふそう S3607 (KL-MP35JM改)

2003年に東急バスが導入し、2017年に函館バスが導入した。
前中4枚折戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターワンステップバスで
軸距5.3メートルの中尺大型エアサス車である。
この車両における側面のLED表示器は経由地が5カ所表示できるようになっている。
また、この車両の後部側はベンチシートを採用している。
左の写真は2019年5月に、右の写真は2020年7月にそれぞれ函館駅前にて撮影。
後部が たんだ泌尿器科 の広告バスとなっていて、同じ広告バスがもう1台(S2291)存在する。
(※以前は後部が 美原腎泌尿器科 の広告バスであった)
函館バスの移籍車において、4枚折戸のタイプが移籍してきたのは十数年ぶりのことである。
〈参考までに:東急バス時代の車番→ NJ493〉

〈参考までに:後部が 美原腎泌尿器科 の広告バス時代の写真〉
  2019年5月に函館駅前にて撮影。

函館バス 三菱ふそう S3519 (PA-MK27FH)

2006年に新車で昭和営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロミディMKノンステップバスで
軸距4.26メートルの中型エアサス車である。
2019年5月に函館駅前にて撮影。
後部が FMいるか の広告バスとなっていて、同じ広告バスがもう1台(S1168)存在する。
(※以前は後部が NCV の広告バスであった)

〈参考までに:後部が NCV の広告バス時代の写真〉
  2014年3月に学園前にて撮影。

函館バス 三菱ふそう S3368 (KC-MP717M)

2000年に新車で北桧山出張所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターツーステップバスで
軸距5.3メートルの中尺大型エアサス車である。
導入された当初はLED化されておらず、側面方向幕は大型タイプを採用していた。
最初は北桧山出張所の所属であったが、のちに昭和営業所の所属に変わった。
2019年5月に函館駅前にて撮影。