函館バス 三菱ふそう S3539 (U-MP218K)

1995年に東急バスが導入し、2007年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠2段窓のエアロスターツーステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
このバスは、主に陣川あさひ町会Jバス(現在の69系統)で使用されている。
2014年3月に昭和営業所にて撮影。
既に廃車となってしまった。

〈参考までに:東急バス時代の車番→ TA1479〉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です