日野-鹿部出張所」カテゴリーアーカイブ

函館バス 日野 SK233 (U-HU3KMAA)

 (※後部から撮影した画像はありません)

1993年に函館市営バスが導入し、市営バス移管に伴い2001年に函館バスへと移籍してきた。
前中引戸・銀枠2段窓のブルーリボンHUツーステップバスで
軸距5.2メートルの中尺大型エアサス車である。
側面方向幕は小型タイプを採用している。
最初は日吉営業所の所属であったが、後に北桧山出張所の所属となり、さらに鹿部出張所の所属に変わった。
また、北桧山出張所の所属となる際に、側面方向幕が大型タイプから小型タイプへと変更された。
さらに、長距離路線に対応するために、車内を観光車用シートへと変更された。
長距離路線専用のマーキュリーカラーである。
2011年8月に湯の川温泉電停前付近にて撮影。
既に廃車となってしまった。
〈参考までに:市営バス時代の車番→233〉

函館バス 日野 SK2325 (KK-HR1JKEE)

2002年に東急バスが導入し、2015年に函館バスが導入した。
前中引戸・逆T字型窓のレインボーHRノンステップバスで
軸距4.6メートルの中型エアサス車である。
導入された当初はLED化されておらず、側面方向幕は大型タイプを採用していた。
2019年5月に函館駅前にて撮影。
この型式のバス(SK2324・SK2325)は函館バスでは初の導入となり、また日野初のノンステップバス移籍車でもある。
〈参考までに:東急バス時代の車番→E337〉

〈参考までに:方向幕時代の写真〉
P1110389 P1090930

左の写真は2016年2月に、右の写真は2015年8月にそれぞれ函館駅前にて撮影。