~移籍車両について~

函館バスに在籍している車両は、自社導入だけでなく移籍車両も含まれている。移籍車両のうち、大半は東急バスからのものである。その中で、東急バス時代につけていた車番において、判別しているものに関しては併せて明記しておいた。そこで東急バスの車番についての説明をしておきたい。
東急バスの車番は、3桁もしくは4桁の数字に所属営業所を示すアルファベットが表記されている。アルファベットに関しては、A(淡島)、SI(下馬)、T(弦巻)、S(瀬田)、M(目黒)、E(荏原)、I(池上)、TA(高津)、KA(川崎)、NI(新羽)、AO(青葉台)、NJ(虹ヶ丘)、H(東山田)をそれぞれ表していて、淡島~池上は東京都、高津~東山田は神奈川県にそれぞれ営業所がある。(ただし、川崎営業所は2010年度をもって営業を終了している)
また数字においては、車両の導入年度を表している。数字の下2桁は原則として、日デ→日野→いすゞ→三菱ふそうの順番で振られている(わかりやすいように、車種の区切りごとにカンマを入れておいた)。以下の表は、年度ごとに導入された車両の番号を示したものである。

1997年 1600~1614、1625~1638、1650~1662、1675~1699
1998年 1700~1707、1725~1736、1750~1752、1775~1794
1999年 1800~1803、1825~1838、1850~1856、1875~1885
2000年 1900~1904、1975~1979
2001年 200~212、225~237、250~258、275~291
2002年 300~321、322~352、353~369、371~399
2003年 400~425、426~447、450~465、467~499
2004年 500~520、525~548・568・569、550~565、570~599
2005年 600~624、625~643、650~668、672~699・6675~6686
2006年 700~731、732~762・790・7732~7734、763~783・791、7700~7728。
(※2000年度に関しては日デと三菱ふそうの2メーカーのみの導入となった)