函館バス 三菱ふそう S3615 (2KG-MP38FM)

2018年に新車で昭和営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓・サッシレスのエアロスターノンステップバスで
軸距5.55メートルの中尺大型エアサス車である。
2019年3月に市立函館病院前にて撮影。
2016年度からの新車は、ベビーカーマークがつけられている。
このモデルは6速AT車で、車内にはコンセントが設置されている。
また2018年度の新車(T1174・T2344・S3615)は、道内のバス事業者で唯一のオリンピックナンバープレートがつけられているだけでなく、側面表示器が戸袋へ変更となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です