函館バス 日産ディーゼル SR4451 (KC-UA460HAN改)

2000年に東急バスが導入し、2013年に函館バスが導入した。
前中引戸・黒枠逆T字型窓の西日本車体工業ボディを持つノンステップバスで
軸距4.8メートルの短尺大型エアサス車である。
最初は昭和営業所の所属であったが、2017年に江差営業所の所属となり、
2020年より知内出張所の所属と変わった。
2019年9月に木古内駅前にて撮影。
2020年に廃車となってしまった。

この型式(S4450・SR4451・H4452)は函館バスでは初の導入となるとともに、
日産ディーゼル初のノンステップバス移籍車でもある。
また、この型式の車両は、東急バスのほかに
横浜市交通局と尼崎市交通局にしか導入されていない珍車である。

〈参考までに:東急バス時代の車番→ I1901〉

〈おまけ:昭和営業所の所属であった頃の写真〉
P1090879 P1090771

2015年7月に函館駅前にて撮影。

3 thoughts on “函館バス 日産ディーゼル SR4451 (KC-UA460HAN改)

  1. 佐藤雅樹

    しばらく、見なくなったら、江差の管轄に変わったよ。入庫した時は、昭和の管轄だったのに、残念。

    返信
  2. 佐藤雅樹

    この車両も、移籍しまくり、最初は、昭和の管轄で、次は、江差に移籍して、さらに、知内に移籍したんですね、まだ、活躍してくれそう。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です