函館バス 日産ディーゼル S402 (KL-UA452MAN改)

2002年に新車で昭和営業所に導入された車両。
前中引戸・銀枠逆T字型窓の富士ボディを持つノンステップバスで
軸距5.3メートルの中尺大型エアサス車である。
左の写真は2014年5月に湯倉神社前にて、右の写真は2018年6月に函館駅前にてそれぞれ撮影。
後部が 石田文具 の広告バスとなっている。

日産ディーゼル車のノンステップバスは、この型式(S401・S402)が函館バスにとって初の導入となった。

2 thoughts on “函館バス 日産ディーゼル S402 (KL-UA452MAN改)

  1. 佐藤雅樹

    このバスも、そろそろ限界が、あるようです、足かけ、18年走っています。入れ替えたいけど、移籍車両の手配が、出来なくて、もう少し、活躍しそう。

    返信
  2. 佐藤雅樹

    同じ車両の401が、半年位前に、廃車になったので、この車両も、そろそろ限界があるみたいです。入れ替えたいのに、移籍車両の手配が出来ないみたいです。現在も、イワタオートの看板ですが、違うタイプの看板になっています。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です